👹節分👹

みなさまこんにちは!

 

 

 

🗾平成30年も、もう1か月がたち2月がスタートしましたね!

settubun

 

 

 

 

 

 

 

 

2月といえば、そう【節分】ですね!!!

 

 

 

ちなみにみなさまは【節分】の由来をご存知ですか?

 

 

 

当店舗は、お子さまが連れのご家族が多くご来店しますので、

 

 

 

今回はお子さま👭にもわかりやすい、

 

 

setsubun

 

 

「節分の由来とヒミツ」の記事がありました。

 

以下、抜粋して転載させてもらいます👹

 

 

 

節分(2月3日)

節分は、「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、悪いものを追い出す日。

「鬼は外、福はうち」と言いながら豆まきをするよ。

 

どうして2月3日なの?
節分という言葉には「季節を分ける」という意味があるよ。

昔の日本では、春は一年のはじまりとされ、特に大切にされたそう。

そのため、春が始まる前の日、つまり冬と春を分ける日だけを節分と呼ぶようになったんだって。

 

ちなみに暦の上で春が始まる日を「立春」(2月4日ごろ)と呼ぶよ。

立春の前の日だから、節分は2月3日に行われるんだね。

 

※暦…時間の流れを年や日付に当てはめたカレンダーのようなもの。

 

どうして鬼をやっつけるの?
その悪いものを「鬼」と呼ぶよ。

 

鬼って聞いたら、どんな姿を思い浮かべるだろう?

ツノの生えた、赤色や青色のこわ〜い姿を思い浮かべる人が多いかな?

 

実は、もともとは鬼の姿は決まってなかったんだって。

見えない悪いものを鬼と呼んでいて、いろんなお話を通じて、だんだんと今の姿になっていったよ。

 

 

どうして豆をまくの?
悪いものを追い払い、福を呼び込むために、豆まきをするよ。

鬼に炒った豆をぶつけて、悪いものを追い出すというイメージ。

ずーっと昔に鬼を豆で退治したところから由来しているそう。

大豆には、たくさんの栄養が含まれているから、鬼を追い出すパワーがいっぱいつまっているんだって!

 

 

どうして”炒った”豆なの?
炒った豆とは、つまり火を通した豆のこと。

 

悪いものを追い出すために使う豆…

もし火を通さずに、そのままの豆をまいて芽が出ちゃったら大変!

芽が出て追い出したはずの悪いものが育たないように、炒った豆を使うそう。

 

ちなみに…場所によっては落花生をまくところもあるんだって。

setubun  

 

どうやって過ごす?

 

 

豆まきをしよう
「鬼は外!福はうち!」のかけ声と共に、豆をまいて鬼をやっつけよう!

鬼はどこにでもいて、子どもたちの心の中に入ってくることも。

泣き虫おに、おこりんぼうおに、やだやだおに、ちらかしおに…。

みんなの中にいるかもしれないおにも、まとめて追い払っちゃおう!

 

 

豆を食べよう
豆まきをした後は、豆を食べよう。

豆を自分の歳の数だけ食べると、体が丈夫になって病気になりにくいと言われているよ。

場所によっては自分の歳の数よりも1つ多く食べるところも…

数をかぞえながら食べてみよう!

 

恵方巻を食べよう
節分の日の夜に、その年の恵方を向いて、願い事を思いながら一言も話さずに食べると、願い事がかなうとも言われているよ。

URL(https://hoiclue.jp/1545.html)

 

 

上記のURLにてよければご覧くださいませ!

 

 

当店舗は2月3日(土) 『節分の豆』 をご用意してお待ちしておりますので、

 

 

 

その際は、わたくし名垣(ながき)までご用命くださいませ。

 

 

 

みなさまのご来店をこころよりお待ち申し上げております🙋

 

 

 

センチュリー21ホームライフ名垣



コメントは受け付けていません。

YOU MAY LIKE