本屋大賞!!

みなさんこんにちは(●´ω`●)
また、一回り体の大きくなった田上です(;´∀`)笑

さて、本日、2月28日(火)は2017年本屋大賞2次投票の締切日です!
今年はどの本が本屋大賞に選ばれるのか楽しみですね(●´ω`●)

私は大賞作品とノミネート作品で興味がある本は毎年読んでおります!
ほんとにおもしろい作品ばかりなので、皆さまもお時間があるときに、
ぜひ、一度読んでみてください(*´ω`*)

無題

◆2017年度ノミネート作品◆

 

もしかしたら、本屋大賞という賞をご存知ないかたもいるかと思いますので、下記に簡単な説明と過去の大賞作品をご紹介させていただきます。

「本屋大賞」は、新刊書の書店(オンライン書店も含みます)で働く書店員の投票で決定するものです。
過去一年の間、書店員自身が自分で読んで「面白かった」、「お客様にも薦めたい」、「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票します。
また「本屋大賞」は発掘部門も設けます。この「発掘部門」は既刊本市場の活性化を狙ったもので、過去に出版された本のなかで、
時代を超えて残る本や、今読み返しても面白いと書店員が思った本を選びます。

過去の大賞作品

第1回(2004年)本屋大賞 『博士の愛した数式』
小川洋子 新潮社

第2回(2005年)本屋大賞 『夜のピクニック』
恩田陸 新潮社

第3回(2006年)本屋大賞 『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』
リリー・フランキー 扶桑社

第4回(2007年)本屋大賞 『一瞬の風になれ』
佐藤多佳子 講談社

第5回(2008年)本屋大賞 『ゴールデンスランバー』
伊坂幸太郎 新潮社

第6回(2009年)本屋大賞 『告白』
湊かなえ 双葉社

第7回(2010年)本屋大賞 『天地明察』
冲方丁 角川書店

第8回(2011年)本屋大賞 『謎解きはディナーのあとで』
東川篤哉 小学館

第9回(2012年)本屋大賞 『舟を編む』
三浦しをん 光文社

第10回(2013年)本屋大賞 『海賊とよばれた男』
百田尚樹 講談社

第11回(2014年)本屋大賞 『村上海賊の娘』
和田竜 新潮社

第12回(2015年)本屋大賞 『鹿の王』
上橋菜穂子 KADOKAWA 角川書店

第13回(2016年) 本屋大賞 『羊と鋼の森』
宮下 奈都 文藝春秋

映画化・アニメ化・ドラマ化された作品も多くあり、
ご存知の作品も多かったのではないでしょうか?

映像化された作品も面白いですが、
原作を読んでいただくことで、細かな表現、言葉の使い方などから、
作り手の気持ちなど、伝わってくるもの、感じるものも多々あると思います!

どの作品も素晴らしい物ばかりですので、
お時間ある際に、ぜひ、ご一読下さい(*´▽`*)

素敵な本との出会いは本屋大賞!
素敵なマイホームとの出会いは、
センチュリー21ホームライフ!】
田上 竜輝



コメントは受け付けていません。

YOU MAY LIKE