よくある質問?

皆さま、こんにちは。

あっという間に10月も後半となり、

もう少しで11月突入となりますね。

気温もだいぶ下がっておりますので、

手洗い・ウガイをしっかりして風邪対策をしっかりして行きましょう。(笑)

不動産も活発に動いている10月、

本日は、お客様よりご質問をいただく項目で上位ランキングに入ってくる、

賃貸生活か? 持家生活か?

どちらが自分達に合っているのか?

をテーマにした資料をご紹介させて頂きます。

弊社では、パソコンを使って【資金計画相談】を随時行っております。

お家探しは勿論大切ですが、

私自身、それ以上に大切なことは【資金計画】だと思っております。

ご無理のない返済計画が組めることが大前提、

ちょっとした知識で、我々の老後の生活が大きく変わります。

住まいとお金に関する【知恵】を、

出来る限り【お客様へお届けできるよう】に、常日頃考えております。

無題

まずは、上記項目の、

賃貸VS持家について1例をご紹介させていただきます。

どちらが正しいか?ではなく、

どちらがご自分達に合っているかがポイントとなります。

Flash

シミュレーションのテーマは、
「賃貸」と「持家」、生涯の住宅コストでございます。

◆上記添付資料のシミュレーション1例(詳細)

【ずっと賃貸生活の場合】
〇現在のご主人様ご年齢 ⇒ 32才
〇お子様は       ⇒  1才
〇5年間は今の賃貸住宅に住む (駐車場代込みで、月額103,000円)
〇38才から63才まで(25年間)お子様も小学校に入るから、
今よりも広い賃貸住宅に。(駐車場代込みで、月額120,000円)
〇64才から85才まで(21年間)、お子様も自立されたからご夫婦2人。
そこまで広さも必要ないので、2DKに引っ越し。(駐車場代込みで、月額90,000円)

85才まで生きる場合となっております。

===================================

【持ち家購入の場合】
〇物件価格は、3,980万円(新築一戸建てを購入した場合)
〇頭金は、諸経費分のみ現金支払い(住宅ローン金額は3,980万円)
〇ローン返済期間は、35年
〇ローン金利は、0.975%(変動金利)
〇月々の返済額(ボーナス無で均等払い)は、111,886円
〇A.固定資産税やB.維持費は、
A.年間130,000円(固定資産税と都市計画税)
B.年間90,000円(修繕積立金)

85才まで生きる場合となっております。

===================================

【ポイント1】
住宅コストだけで考えると、
総住宅費は、持ち家の方が賃貸より、1,007万円安くなります。

賃貸のメリット・デメリット、
持ち家のメリット・デメリットとそれぞれ良い部分と悪い部分がありますが、
総住宅費に関しては、上記データが出てきます。

【ポイント2】
ずっと賃貸生活と持ち家購入生活ですと、
支払う金額のウエイトや時期が違う。
今回の1例ですと、67才からの支払ウエイトが大きく違います。

将来の人生設計をどう考えるか?
によって老後の生活イメージも変わってくるかと存じます。

文章ですべてをお伝えすることは難しいのですが、
1例として、是非、ご参考になさってください。

===================================

住まいに関する資金の【かんたんシミュレーション】は、
弊社は無料にて随時開催しております。

事前のご予約が必要となりますが、
ご興味のあるお客様は、いつでもお気軽にスタッフまでお声掛けください。

===================================

ちょっと固い話しになってしまいましたね。(笑)

最後に、予想していなかった父ちゃん日記を。

先日、次男くんが一言、

サッカーのスパイクが壊れた・・・・・。

フットサルシューズがキツイ・・・・・。

トレーニングシューズの底がまるでない・・・・・。

父ちゃんが一言、

えー本当~?

実際に靴を見てみると・・・・・・・・・・・・・・・、

本当でした・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

3足いっぺんに買うことになるとは予想出来ておらず、

父ちゃん頭が痛くなってしまいました。

????????

????????

しかも、長男くんもつられてハンドボールシューズがキツイと・・・・・・・・・・。

私の靴は、いつ買えるのかな。(笑)

長男くんの靴、買いに行ってきます。



コメントは受け付けていません。

YOU MAY LIKE